和風建築(数寄屋建築)なら、有限会社 鈴木工務店


ニーズへの対応

和風建築の良さは精神的な面ばかりが強調されがちですが、物理的にも現代の社会ニーズや顧客ニーズを満足させる点が少なくありません。また、当社は施主の不安を取り除くための保険や、優遇税制対策にも積極的に取り組んでいきます。

「エコ対策」 効率的な冷暖房、湿度調整など 

建具による自由な間仕切り

建具による自由な間仕切り

部屋の仕切り方として、「洋」の住宅が壁を重視しているのに対して、「和」の住宅では建具が大きな役割を果たします。これは柱や梁などの軸材で構成する軸組み工法によるところが大ですが、蒸し暑い夏をできるだけ涼しく過ごすために開放的な家を旨とする、日本の気候条件に由来しています。
むろん、寒い冬のことも考慮にいれると部屋を仕切ることも求められるため稼動間仕切りとしてフレキシブルに対応できる建具が役立ちます。


珪藻土の壁

プランクトンの死骸が海底や湖底に堆積してできた粘土状の泥土を珪藻土といいますが、それを主材にして左官塗り仕上げすると、断熱・調湿・吸音・吸臭性に優れます。

セキュリティー対策

格子戸の外側には防風雨・防犯用の雨戸(板戸)を付設してセキュリティ対策を高めます。

「健康住宅」 シックハウス対策、調湿、薬効など

健康住宅

“和”の特徴の一つは、自然素材を生かすことです。集成材や新建材をできるだけ避け、床・壁・天井をはじめ造作部分に至るまで、天然の「無垢材」を使うことで、シックハウスとは無縁となるばかりではなく、木の持つ調湿作用や香りによる薬効などから、正真正銘の健康住宅にもなります。
また、木の香が漂う浴室なども人気があります。青森ヒバのすがすがしい香りなどはきっと疲れたあなたの心身を癒してくれることでしょう。


和の暮らし

和の暮らし

・世俗を忘れ、風雅のこころを楽しむ
・自然と一体化し、ゆったりした時を過ごす

など、日本人が従来から大切にしてきた「和の暮らし」を実現。


ハウスメーカの倒産不安

ハウスメーカの倒産が相次いでメディア報道されており、新築やリフォームをお考えの方々はさぞ不安な気持ちでおられることでしょう。
当社では、施主様全員がお受けになれる保険制度を適用しているので、安心して設計・施工をお任せいただけます。

税優遇対策

耐久性が高く、寿命が欧米並みに長い住宅を「長期優良住宅」と認定し、所得税や固定資産税などを減免する新制度「長期優良住宅制度」が2009年6月4日からスタート。これを受けて、構造躯体の劣化対策や木造の場合はシロアリ対策などが必要となります。

当社では新制度の認定基準がハード面に偏っているという理解から、新制度を一歩すすめ、長く手入れして愛着がわくような家の魅力を、デザイン面などを通じてお客様に提案する取り組みをはじめています。

施主の方とのコミュニケーション

そして、いろいろなニーズに対応するためにもっとも重要なのがお客様とのコミュニケーションであると当社は考えております。
和風建築の良さとは、さらに当社の仕事がどのようなものなのかをご理解いただくために、これまで当社が手掛けた新築事例のほとんどすべてを見学していただくことが可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ


▲pagetop